朝焼けが約束する未来

本文を表示

あとで聴く

クリエイター紹介

-出口まで、あと少し、なのかもしれない。- 先月は劣等感にさいなまれる月でもありましたね。 私は時に、自分で自分の事を責める癖があります。 そんな時、未来、過去、劣等感で ゆり呼さんに詩を書きおろして頂きました。 ちょっと壮大な仕上がりになったけど、いかがでしょう?

劣等感に悩んだ日々も、いつかは晴れて。朝焼けの約束する未来がきっとやってくる。みちくささん @MICHI_KUSA_ より「劣等感・過去・未来」のお題をいただいて書いた詩です。

1件のコメント

コメントしてみませんか?

コメントをみる

あなたへのおすすめ

連続再生