君を呼ぶ

本文を表示

あとで聴く

クリエイター紹介

小箱エイト様の「君を呼ぶ」を読ませていただきました。 薄暗がりに灯りがぽっとともる、心が照らされる。 そんな、切なくて優しい物語。

陽が落ちると彼の家の前に立つ。 今日も、明かりの灯らない、扉を閉ざした家の前で、10回コールの電話をかける。 かすかな願いと永遠の無音を断ち切るために。

1件のコメント

コメントしてみませんか?

コメントをみる

あなたへのおすすめ

連続再生