ホラー
Podcast禁止

狂気の缶詰

再生モード
録音モード

十年ぶりで、親友が訪ねてきた。
月の明るい晩だった。
お互いに十年分の年をとっているはずだが、向きあってみると、昨日別れたばかりのような気がした。
自分の狂気を閉じ込めた缶詰を、預かってくれと彼は言う。
「お前が持っていてくれ。俺は恐ろしい。これを預けることができる人間は、お前しかいないんだ」


小説ブログ「ハナウタノベルズ」より転載。
転載にあたり改稿しました。
2012.05.25初稿 2016.03.25改稿

#親友#月夜#缶詰#